Home

可動幌

20系こだま

20系客車

車輛模型

部 品

リンク&
アクセス


e−mail

HINODE日記



撮影体験記
2008.2.17更新


ALWAYS 続・三丁目の夕日









通信販売の法規に
基づく表示



可動幌


(蛇腹は和紙製・幌枠は真鍮製)


ライン

Oスケール 幌


Oスケールの客車に取り付けました。

真ん中の白い線は、幌と幌を滑りやすくするためのプラ板です。


HOスケール 幌


HOスケールのプラ製客車に取り付けました。


O・OJ用    2個(1輌分)1組¥1,620.(送料別)

HO用(16番) 2個(1輌分)1組¥1,080.(送料別)


ライン


昨今、鉄道模型車輛の外観の精密化や走行性能の進歩・向上は目を見張るものがあります。しかし、幌に関してはあまり目を向けられず、どんなにすばらしい編成でも車輛間がポッカリ  
空いてしまっています。
特にOスケールのような大きな模型ですと余計目立ちます。
そこで、こんな不満を一気に解消する可動式の幌を多種多様な材料で試作・改良を重ね、ようやくこの度、販売できるようになりました。
集電不良などで、機関車がギクシャクした動きをしても幌同士が軽く押し合っていますので、 
バッファーと同じような効果があり、前後方向の不自然な挙動を緩和します。           
HO(16番など)の軽い車両の場合やカーブがきつい場合など、よく脱線する時には車輌に 
ウェイトを積むか連結面間隔を広げて下さい。
 また、直線走行時に連結面間隔が狭くなる伸縮タイプのカプラーには不向きです。