Home

可動幌

20系こだま

20系客車

車輛模型

部 品

リンク&
アクセス


e−mail

HINODE日記

通信販売の法規に
基づく表示



旧型 山陽電車



昔の山陽電車の画像を≪Mm図工塾≫の松井様よりご提供いただきました。

無断転載厳禁!!

ライン




山陽225 山陽228
S40〜S43頃の長田兵庫間の併用軌道は神戸高速乗り入れに向け近代化の進む山陽電車オンパレードで写真撮影の絶好地でした。
今見ると電鉄兵庫近辺は懐かしい昭和ムードが漂っています。
200型(224−225、226−227、228−229、230−231、232−233)
S11頃より流行の流線型車両の末期の車両。戦争激化と共に外観スタイルが徐々に変化しているのがわかります。長さ15m巾2.4mは神戸市電とほぼ同じサイズ。巾2.8mの車体を新造して300型に次々更新されていきどんどんと消えていきました。
山陽229 山陽232
山陽229+228 正面が垂直のタイプ この頃の232号と233号は台車イコライザーの形状が違っていました。
山陽253 山陽256

253号(252−253)
この撮影の数時間後逆走し後続車と正面衝突、姫路よりの253は大破しました。多分この写真が253号最後のものでしょう。

256号(256−257)神戸高速開通後には新開地まで乗り入れていました。250型の中で少し近代的になった長身の異端児でしたが、乗り入れて来る阪急、阪神の車両にくらべると・・・・・
山陽270 山陽277
270:兵庫駅前に駐車している車に時代を感じます。初代ブル、観音開きクラウン、ルノー4CV、マツダk360ほか。 277:これ特急です。820型との3連 鈍足だったでしょうね。270型はよくまとまったスタイルで好感がもてました。
山陽283 山陽289
283号 列車種別が急行! 289号
山陽301 山陽307
301号 200型の車体更新車。 307号 300系は62〜68年に製造された
15m級片開3扉車です。
山陽332 山陽 5
300系 短い車体でよくまとまっています。 モワ5号のホッパー編成。東須磨付近で撮影。西代から地下に潜る付近で工事によく使われておりました。
山陽719
719号は700型ラストナンバー 広軌DT13 719:2代目スバルサンバーと比べると700型の大きさがよくわかります。
山陽829 山陽710+714
829号 貫通化後、方向幕取り付け前
710号+714号
上り明石(西新町)−神戸間と下り東二見−神戸間のすれ違いの瞬間です。上下車両同士の間隔のなんと狭いことか。画面左奥にポートアイランドの埋め立て用土砂の採掘で消えた高倉山の元の姿があります。
ラビットスーパーフローS601 200cc(現スバルの富士重工)に乗ったおじさんは勿論ノーヘル
山陽702 山陽850
702+709 元国鉄63系20輌の内、最後まで残った2輌 850号 貫通化後
山陽850 山陽851
850号 原形の頃 かっこいいです! 851号 左写真の付随車
山陽2001 山陽2001
2000-2502-2001の3連 山陽最初のWN駆動車 2001号 1000o幅2段完全上昇式窓
山陽2002 山陽2010
2000系は山陽初のノーシル・ノーヘッダー車 この2000系は2扉ステンレス、クロスシート車
山陽2011 山陽2012
5000系登場までは最後のクロスシート車 2012編成、御存じ我が国最初のアルミカー
山陽2013 山陽2013
3扉ロングシート車 「特急」の種別がかっこいい! 現在も東二見工場に留置中です
山陽2014 山陽2014
イベント列車で、復活を熱望します!!! 2014編成はステンレス3扉ロングシート車
山陽2015 山陽2701
クーラーを搭載すれば今でも十分通用しますね 元国鉄63系の生き残り 713→2701 2扉
山陽2702 山陽2707
3扉ロングシートの2702+2703(第2次2700形)
第3次2700形 2707+2706
山陽3002 山陽3002・山陽2702
昭和39年新製 アルミ車体3000系3002番 神戸高速鉄道乗り入れ意欲満々です!
山陽3600 山陽3601
昭和40年 鉄道友の会ローレル賞に輝く! パノラミックウインドウのガラスは153系と同じとの噂が。本当?
山陽3604 試運転 山陽 兵庫駅
第2次3000系 大量に必要になったため普通鋼製車で増備 ステンレス製3扉車2015編成が特急で発車!
旧き良き時代の兵庫駅です






ちょっと前の 阪急・阪神電車

          
阪急2050 阪急2062 試運転
山陽電車ではありませんが、山陽線内を阪急阪神が試運転している正に時代が大きく進む寸前の貴重な画像です
阪急2050号は阪急六甲での事故の犠牲になった車両です
車体側面に大阪万博のシンボルマークのステッカーがはられているのが見えます。
西代駅西方地下進入口で待っていると阪急阪神の車両を見ることができました
阪神3561 阪神3561 試運転
阪神3561号は3011の面影を強く残しています 神戸高速鉄道開通前夜って時で、
まだ旧線が残っています
阪神3702 阪神7822特急
阪神らしいこの顔もほぼいなくなってしまいました 阪神7822号 次位車と車体断面が違っています


ライン